小田急通勤車(9000,5000,4000系)のスカート形状分類図と車番

更新2007.3.24

■9000系6連 ■5000系6連 ■4000系4輛編成 ■4000系6輛編成 ■4000系他 (9000系 5000系 4000系) 
■9000系6連

小田急9000系は営団千代田線との相互乗り入れに備えて、昭和46年から製造されました。第一次、二次は4両編成として登場し、第三次、四次が6両編成で登場しました。スカートは登場時から取り付けられていました。PX1429-1は9000系第一次、二次の4連用のスカートの一部をモデル化しました。PS1429-3は4連用に対応したスカートです。PX1429-1Bは第三、四次車に対応したスカートです。

  

次車区分 ←新宿             小田原→
3次 9401 9501 9551 9651 9601 9701
9402 9502 9552 9652 9602 9702
9403 9503 9553 9553 9603 9703
9404 9504 9554 9654 9604 9704
4次 9405 9505 9555 9655 9605 9705
9406 9506 9556 9656 9606 9706
9407 9507 9557 9657 9607 9707
9408 9658 9558 9658 9608 9708
M1cp M2p T1 T2 M1p M2cp

(注)9409Fは6両編成ですが4連時代のスカートが取り付けられたままです。ジャンパー栓受用開口部の他に空気管操作のための切りかき口があります。モデルはPS1429-3に対応します。この表の対応時期は平成15年2月末です。

■5000系6連

  6両編成化された5000系(通称5200形)として、昭和52年12月に新製されたグループのスカート。6連の内第一次から第三次までと第四次から第八次までとでは空気操作管の切りかきは一個ですが、切りかきの形状が異なります。第一次から第三次は切りかき下部が丸みを帯びていますが、それ以後のグループは切りかき下部の線が鋭角に切り取られています。PS1429-2はこれをプロットタイプにしました。4000系は昭和60年から冷改高性能化に伴う4連又は6連の編成組み替えが始まり、昭和63年まで続けられ、この時にこの形状のスカートに履き替えています。

次車区分 ←新宿                        小田原→
1次 5251 5201 5301 5401 5501 5551
2次 5252 5202 5302 5402 5502 5552
5253 5203 5303 5403 5503 5553
3次 5254 5204 5304 5404 5504 5554
5255 5205 5305 5405 5505 5555
4次 5256 5206 5306 5406 5506 5556
5257 5207 5307 5407 5507 5557
5258 5208 5308 5408 5508 5558
5次 5259 5209 5309 5409 5509 5559
5260 5210 5310 5410 5510 5560
5261 5211 5311 5411 5511 5561
5262 5212 5312 5412 5512 5562
6次 5263 5213 5313 5413 5513 5563
5264 5214 5314 5414 5514 5564
5565 5215 5315 5415 5515 5565
7次 5266 5216 5316 5416 5516 5566
8次 5267 5217 5317 5417 5517 5567
5268 5218 5318 5418 5518 5568
5269 5219 5319 5419 5519 5569
5270 5220 5320 5420 5520 5570
Tc1 M1 M2p M3p M4p Tc2
5000系4次 5065 5015 5115 5165
Tc1 M1p M2p Tc2

(注1)5264Fは前後でスカートの形が異なります。

(注2)1次型5000系の原型がジャンパー栓設置跡(上り方の場合)向かって左側に、ジャンパー線受跡が向かって右側に存在しますが、4次型4連の5065Fはその為の切りかきが無く、4000系と同様にこのスカート形状に近似しています。

■4000系4輌編成
←新宿        小田原→
4051 4001 4101 4151
4052 4002 4102 4152
4053 4003 4103 4153
4054 4004 4104 4154
4055 4005 4105 4155
4056 4006 4106 4156
4057 4007 4107 4157
4058 4008 4108 4158
Tc1 M1p M2p Tc2
■4000系6輌編成
←新宿                        小田原→
4251 4201 4301 4401 4501 4551
4252 4202 4302 4402 4502 4552
4253 4203 4303 4403 4503 4553
4254 4204 4304 4404 4504 4554
4255 4205 4305 4405 4505 4555
4256 4206 4306 4406 4506 4556
4257 4207 4307 4407 4507 4557
4258 4208 4308 4408 4508 4558
4259 4209 4309 4409 4509 4559
4260 4210 4310 4410 4510 4560
Tc1 M1 M2 M3 M4 Tc2
■4000系他(9000系4連、5000系4連、4000系等)

前述したとおり、9000系第一次から第二次の4両編成用や5000系第一次から第四次までの4両編成、4000系の一部は下のPS1429-3が対応します。尚、4000系は昭和48〜51年に行先表示装置の自動化とスカートが取り付けられ、スカートはこのタイプが取り付けられました。

9000系の編成

  

デハ9001(東北沢駅にて撮影:町田信雄) / デハ9709(参宮橋駅付近にて撮影:町田信雄)

次車区分 ←新宿            小田原→
1次 9001 9101 9201 9301
9002 9102 9202 9302
9003 9103 9203 9303
9004 9104 9204 9304
9005 9105 9205 9305
9006 9106 9206 9306
2次 9007 9107 9207 9307
9008 9108 9208 9308
9009 9109 9209 9309
M1c M2p M1 M2cp
4次 9409 9509 9559 9659 9609 9709
M1c M2 T1 T2 M1c M2c
5000系の編成

クハ5061(東北沢駅撮影:町田信雄)

次車区分 ←新宿    小田原→
1次 5051 5001 5101 5151
5052 5002 5102 5152
5053 5003 5103 5153
5054 5004 5104 5154
2次 5055 5005 5105 5155
5056 5006 5106 5156
5057 5007 5107 5157
5058 5008 5108 5158
3次 5059 5009 5109 5159
5060 5010 5110 5160
5061 5011 5111 5161
5062 5012 5112 5162
4次 5063 5013 5113 5163
5064 5014 5114 5164
Tc1 M1 M2 Tc2

(注)5060Fは電気警笛用丸穴が上り方(下り方)は左下(右下)に取り付けられている。

4000系の編成
5輌編成の車番
←新宿                小田原→
4001 4101 4201 4301 4051
4002 4102 4202 4302 4052
4003 4103 4203 4303 4053
4004 4104 4204 4304 4054
4005 4105 4205 4305 4055
4006 4106 4206 4306 4056
4007 4107 4207 4307 4057
4008 4108 4208 4308 4058
4009 4109 4209 4309 4059
4010 4110 4210 4310 4060
4011 4111 4211 4311 4061
4012 4112 4212 4312 4062
4013 4113 4213 4313 4063
Mc1 M2p M3p M4p Tc2
3輌編成の車番
←新宿 小田原→
4014 4114 4064
4015 4115 4065
4016 4116 4066
4017 4117 4067
4018 4118 4068
4019 4119 4069
4020 4120 4070
4021 4121 4071
4022 4122 4072
M1c M2p Tc2
補随

小田急の通勤電車に取り付けられたスカートは細かい形状違いを入れますと8種類(上り・下りを合わせるとその倍)になります。残念ながらそれら全てを製品化できません。モデラーの諸兄様にはそのバリエーション加工をお勧め致します。

戻る