リトルジャパンモデルス社の「クモハ42キット」から「クハ47102」を作ってみたい!(その5)

更新2015.4.7

■とうとう完成しましが クハ47104になっちゃった。

  

エアブラシを新調しました。Mrプロコンのブラシ(WA トリガータイプ ダブルアクション PS-275)です。すごく使いやすいエアブラシです。これにハンドグリップ型簡易エアーフィルター (PS288)を取り付けてグリップ代わりに使いました。この場合このエアーフィルターの中に入っているパッキンと2層フィルターを取り除いておきます。塗料の濃さは前回杉本先生に教わりましたとおり、50%希釈をやってみました。

   
 

■ガラス窓は出来るだけリトルジャパンモデルスのはめ込み窓ガラスを使います。両運転台車なので貫通側の乗務員扉のガラスはヤスリで削り取り、600番→800番→1,000番の紙やすりで表面をヤスリます。最後はタミヤのコンパウンドで磨きました。トイレ側は700mm幅窓枠に交換した後、トイレ部は白プラ板で窓ガラスを表現しました。

  

連結器はカトー製クハ68用カプラーを加工して車体にΦ1.4mmネジで固定します。連結器自体も加工しなければなりませんが、トミックスの密連よりも丈夫なのとお値段が安いので、今後の期待が持てます。

撮影:町田信雄

戻る