クモヤ90 0番代(カトー製)をいじってみました!

更新2013.12.27

クモヤ90 0番台(カトー製)の側面窓部で客扉のHゴム窓はきれいにはめ込まれているのに、三段の客窓ガラスがはめ込まれていません。 そこでトミックスクハ79の側窓ガラスを加工してはめ込みました。撮影:町田信雄

(1)乗務員扉と客扉の窓部分は問題なく、はめ込まれますのでそのまま利用し、客窓部のみトミックスのクハ79の三段窓ガラスを写真の白線部のように切断します。これを完成後にゴム系接着剤で接着します。
 
(2)クモヤ90の床板を先端から17mmの所で切断し、TNカプラー(JC28)を接続させるためにt0.3のT字形金具を製作します。TNが取り付けられるように4個の爪を造り、TNカプラーを固定する。 (3)t0.2mmプラ板にTNカプラーの4箇所の穴に爪を作って差し込みます。椅子の先端がTNカプラーに当たりますので切断します。プラ板を入れるとTNカプラーの上下のガタツキを防ぎます。  (4)TNカプラーが前に抜け落ちないようにφ1.4mm×2.5mmのビスで固定します。
   
ヘッドライト・テールライトのランプユニットが大きくてTNカプラーの上辺が当たり、胴受けが車体と隙間を作ってしまいました。  弊店のPX1452 TNカプラー対応胴受(旧国用)を使用すると胴受けも車体に密着できます。  但しTNカプラー胴受けを取り付けるビスをφ1.4mm×1.2の短いものに取り替えないとランプユニットに接触します。ランプユニットの縁をカットします。 

手スリはPN474 73系手スリセットのパーツを使用し、テールライト下のステップはPN464 荷電・119系用手スリセットの前面ステップが丁度良いようです。まだ途中ですがご高覧下さい。

  

戻る