マロネ29 100番代(KK-5007)キット

更新2012.2.26

  

■このキットの他に必要なパーツ
パーツ名 メーカ名 品番、品名
妻板・屋根・床 GM No114オハ35又はNo115スハ32
台車 カトー assy11011又はキングスホビーKP11 TR73
標記(車番・所属) キシャ会社 PC-3,PC-4他
■グレードアップパーツガイド
パーツ名 メーカ名 品番
ガーランドベンチレーター モリタ No227
屋上ステップ タヴァサ PN438
車輪(キングスホビー台車使用の場合) モリタ No202
■塗装について
塗装箇所 メーカー名 品番、品名
屋根 GM No35ダークグレー
屋上機器 GM No9ねずみ1号又はNo10黒
床下 GSIクレオス No33艶消し黒
表面仕上げ GSIクレオス B516Mr.スーパークリアー半光沢
下地塗料 マッハ模型 メタルシールプライマー
2等青帯 GM No42伊豆急ハワイアンブルー(昭和35年6月まで)
1等緑帯 GM No41伊豆急ペールブルー(昭和35年7月から)
車体 GM No2ぶどう2号
■実車について

昭和8年から製造されたマロネ37400型が原型式です。昭和16年の形式称号の改正があってマロネ37となりました。第二次大戦中は三等座席車マハ47に改造されたり、未改造車は戦後、進駐軍に接収されていました。昭和26年の対日講和条約以降、接収されていた車両は次々と返還され、これと合わせてマハ47となっていた車も復元されて行きました。新製時より各地の夜行優等列車に使用され、20系ブルトレ化以前の「あさかぜ」にも使用されていました。窓下の等級帯は新製時(戦前)は青4号で、戦後は青1号、昭和35年7月の一等廃止による二等級制以降は淡緑6号となっています。

■カトー製TR73台車(つばめ用)を取り付けるための加工方法を御覧になりたい場合はココをクリックして下さい。→

戻る