クモヤ145-100コンバージョンキット(KN4104)

更新2012.2.26

■このキットの他に必要なパーツ
パーツ箇所 メーカー名 品番・品名
車体 GM No185クモハ123キット
パンタグラフ tomix 0201又はGM80-1PS16
台車 GM No5009 DT21
動力ユニット GM No5509,又はtomix0663 DT21
各種アンテナ4種セット tomix JA16(200番代製作の時)
車体標記インレタ くろま屋 各種又はキシャ会社、、トレジャータウン
パイピング用割ピン ボナファイデ プロダクト 取りつけ穴0.4mmφ
複素材料 ブラ板0.5mmt,真鍮線0.3mmφ
■グレードアップパーツ
パーツ名 メーカー名 メーカー名/品番
バンタ PS16Bタイプ kato 11-420+PS16用バンタ台座(イエロートレインYP418)
PS23 tomix 0229+バンタ台座(BONA P-108)
各種アンテナ4種セット tomix JA16
避雷器(灰色13001) kato Assy03K0335
新型避雷器LA17 tomix PR002
ヒューズ箱(銀4166) kato Assy04-1744
信号炎管(灰色4100) kato Assy04-0707
列車無線アンテナ(3016) kato Assy03-0240
箱形ベンチレーター tomix PB103
TNカプラー tomix 0334又はタヴァサPK006+0381
TNカプラー用アダプター ボナファイデ プロダクト P-001
WP35.50ワイパー ボナファイデ プロダクト
蓋付タイフォン タヴァサ PN488
ATS車上子一般用 タヴァサ PN001
屋上手すりセット タヴァサ PN024
■塗装ガイド
塗装箇所 メーカー名 品名
プライマー FUJI模型 メタルシールプライマー又はアサヒペン「金属用プライマー」
車体色 GM (7)青15号
前面警戒色 GM (12)黄色5号
屋根 GM (35)ダークグレー
屋上機器 GM (9)ねずみ1号
床下 GSIクレオス (33)つや消し黒(JR東海はねずみ色1号)
車体上塗り GSIクレオス B516スーパークリアー半光沢
■実車について

 電車区の入れ換え用として1M車として必要性もあって旧性能改造のクモヤ22やクモヤ90が使用されて来ましたが東京地区にATC対応の新性能牽引車として昭和51年にクモヤ143が登場、その後はATCを必要としない101系を種車としてクモヤ145が昭和55年から登場しました。昭和56年には救援車としての機能を持たせたクモヤ145-100番代が登場し、クモエ21やクエ28もその置き換え対象となりました。この100番代は26両が作られ、最大勢力となっています。100番代に交直流車対応機能を持たせたのが200番代で車体は100番代と同じですがパンタは1基のみとなり、検電アンテナが取り付けられています。昭和58年には身延線対応の超低屋根車の600番代が登場。これはパンタ取り付け部を20mm低くした仕様で、他は100番代と同じです。この600番代はクモハ123-600番代に再改造されて消滅しています。又JR西日本では平成11年から主電動機の強力化改造(MT46からMT54へ交換)を行っており、これの施工工事は元番号+1000となっています。

戻る