■東側線路道床修理の巻

更新2012.8.26    

  

■2009年にご紹介致しましたレイアウトの東側線路道床が腐り始めました。早速修理を始めましたが、この枕木の長さが2メートル46センチで特殊な長さのために造園屋さんに在庫がありません。そこで2メートル10センチと1メートルの2本を購入しました。御覧のように余りの枕木を柱にして2本を直列につなぎました。枕木の微妙な大きさの違いが有り、スペーサーを柱と道床の間に挟んで金具で固定しました。向かって左側が14mm,右側は9mm高さが異なります。又新しく敷設した道床も深さが5mm程左側の短い道床が浅く、写真で分かりますように柱を2本にして微妙な調整を行いました。

モルタルをアルミ道床の間に差し込みました。工事にまる3日掛かりました。

戻る